ヴォイスメーキングコース|医学英語・医療英語のエース

ヴォイスメーキング

内容

量子場調整という、まったく新しい医学を超えた施術を用い、英語の発音をより行いやすい身体作りを行っていきます。
マッスルトレーニングと云う鍛錬とは別の方法で、即効的に調整する方法です。
効果が出るまでには個人差がありますが、本物の発音に一足跳びに近づけたいという人にお勧めです。

量子場調整とは、イメージトレーニングを応用した技術を用いて、体の軸を整え、無意識的な身体の使い方のパターンを修正していくことにより、健康を創造し、身体能力を向上させていく技術です。

エースでは、歌手・ナレーター・演劇関係の方といったプロで英語を話す仕事に従事されている方や英語をネイティヴ並に発音したい人のために、英語のための呼吸(横隔膜の柔軟性・インナーマッスルを使いやすくする)や調音器官(舌・口輪筋)の調整に限定して英語のヴォイス・メーキングと称して量子場調整を行なっています。
声は身体が楽器であり、身体の状態をストレートに反映します。
英語の身体全体で共鳴する声を出すには、体全体がコンディションの良い楽器でなければなりません。
量子場調整で英語の発音に必要な筋肉や横隔膜の柔軟性・強度を高め、骨格の位置や無意識的な声の出し方を修正することで、ネイティブのような全身で共鳴する声を作っていきます。

また、英語のための筋肉は、日本語を喋っている日本人が使っていない箇所が多く、動かそうと思ってもなかなか上手く動かせないことがあります。
たとえば、日本語では後舌部を英語の発音のように引くことはまったく皆無なので、ついつい怠りがちです。
量子場調整では、舌根の位置や柔軟性、使い方を修正することにより、英語を発音するときに必要な後舌部を引いたりする動きがよりスムーズに行うことが可能になります。
対象
エースの発音コース受講者
日程・時間 相談上

費用

(カウンセリング10分)+(量子場調整50分)+(変化の確認/レッスン30分 合計 90分 合計  9,000円
(カウンセリング15分)+(量子場調整60分)+(変化の確認/レッスン45分)合計120分  合計 11,000円

体験者の声

受講者の感想(2名の発音本格完成コースグループレッスンの受講者)
授業前に調整していただくことで、毎回、声が出しやすく英語で話す時の呼吸も楽にできました。
本当に助かりました。毎回、即効性があるのには本当に驚かされました。

施術前に声の出し方や姿勢・歩き方を確認し、施術後に同じ事をしてその違いを確かめますが、その違いは歴然でした。
何より、初回は印象深かったです。授業前に調整してもらったクラスメイトの男性の声が、お腹から響くネイティブのような太い声になっていたのには衝撃を受けました。
その日、授業後に私も初めて調整していただきましたが(何の予備知識もなく施術に入り、頭の後ろを軽く触っているだけで、一体何をしているの?とそれも不思議でびっくりでした)、普通は自分の声がどんな声かわかりにくいのに、自分ではっきりわかるほど英語にぴったりな響く声になっていて、そして、重心が低くなり姿勢も正しくなりました。 

個々人の体の癖があり持続力は個別差があるとは聞いており、初回は、持続時間が3-4時間程度でしたが、回を重ねるごとに長くなっていき今では英語を話す時、あまり意識することなく、お腹(丹田)から声(息)を出せるようになっています。 
※授業前に横隔膜の動きを柔らかくしたり、腹筋を強くしていただき、自分で強く意識して動かすようにしないとできない呼吸も発音も毎回意識せず楽にできるので、正確な発音の練習に集中できました。 

※「T」の音が弱い私は、舌の筋肉を強化していただき、その日は、クラスメイトに「大分「T」の音が強くなった。」と言われました。 
※風邪気味で喉が痛く、呼吸が少し苦しかった授業前、調整してもらったら、風邪気味な不快感が嘘のように消え、声を出すことが全く苦にならず、しっかり授業を受けることができました。※とにかく、毎回、発音練習の時にお腹(丹田)から声を出すのが楽でした。 
その他は、こんないいことがたくさんありました。 
※前肩が悩みだった私ですが、肩の位置が大分後ろになり、普段の姿勢がかなり良くなりました。 
※人間ドック前に、眼のあたりの調整をしてもらったら、5年程ずっと裸眼で右:1.5/左:0.7~0.8だった視力が、右:1.5/左:1.5になりました。 
※パソコンの長時間利用で眼や首に負担がかかるのか、いつも左首の後ろが凝ったり、張ったりで不調でしたが、これがほとんどなくなりました。 
※体調も良く、疲れにくくなった気がします。

ヴォイスメーキング担当吉原亜弥さんとのインタヴィユー

準備中