医学専門特化プレゼン準備コース|医学英語・医療英語に特化したスクール
医学英語発音リスニングコース」をさらに深めたコースです。
国際学会でのプレゼン後のQ&Aセッションや患者およびその家族との会話などを想定しながら、リスニング力とナチュラルな発音とイントネーションを磨きます。他のコースと同様、オリジナル録音教材でいつでも復習可能です。

即対応プレゼンテーション準備

内容

・ネイティヴ医師が原稿チェックから模擬発表指導および発表後のQ&Aセッションのストラテジー対策を致します。
・プレゼン準備の最終リハーサルとして、模擬発表を撮影し、改善点を提案していきます。国際学会に向けての最終調整をサポートします。
【具体例】
 自分の専門分野のカンファレンスやワークショップのための理想的な発表の練習。
 発表後のビデオや録音の検討と、発表者の強みや弱点を批評し、向上が必要なところを復習します。
 プレゼンの質疑応答を検討し、質問に答えるための分かりやすいと説得上手な言い回しを指導します。
 国際会議のために必要とされるスピーキングスキルとプレゼンスキルおよび完璧な発表の自信をつけます。

授業形成

○ ネイティヴ医師チェック具体例
1. 関係論文のチェック
2. 本人のプレゼン原稿チェック
3. プレゼン後のQ&Aセッションの予測対策(どんな質問がされ、どう返答するか)
注)合計経過時間は、読みこなさなければならない論文の量、専門分野にもよりますことを、ご了承ください。
原稿チェック・教材作成は、ネイティヴ医師が実際かかった時間(1時間当たり10,000円 税別)で請求させていただきます。

○ プレゼンは、アメリカ人医師が指導し、撮影します。

費用

原稿チェックおよび教材作り: 1時間当たり:10,000円
プレゼン準備:1時間 27,400円(ビデオ撮影含む)

Oさん(内科医)

昨日帰ってきました。
プレゼンテーションは無事終了し、質問も2個きましたが、無事に対応することが可能でした。
質問は
1)なぜこのような困難症例をTAPPで行うのか
2)タッカーをなぜ使うのか
で、準備していた内容だったので簡潔に答えることができました。
発音も日本の人からは(?)流暢だとほめられました。
何より自分自身大きな自信になりました。
非常に効果的なlessonをしてくれたJASONには本当に感謝してます。
ありがとうございました。

Mさん(乳癌専門医)

無事にプレゼンが終わってホッとしています。
他の先生方にも「発音いいね」とほめられました。
司会をして下さったオーストラリアの先生からもお褒めの言葉をいただきました。
内容についても、外国の先生方から「興味があるので連絡先下さい」と言われました。
本当にありがとうございました。ありがとうございました。

電話でのご相談は、フリーコール 0120-815-820