|医学英語・医療英語に特化

外国人の患者さんが来ても困らないクリニカル実践英会話

クリニカル実践英会話を短期でマスターするために

外国人の治療をしたときに、困ったことがありませんか。問診がうまくできなかったり、あるいは、どのような検査が必要かなかなか説明できなかったり、または、治療方法や薬の投与などが伝えられなくて、患者さんにストレスを与えたようなことがありませんでしたか。

このような医師の特別な悩みに対応するために開発した弊社の研修を受講すると、自信を持って、外国人の患者さんを治療することが出来ます。

英語の話せるお医者さんになるためにやるべきこと

Because you are a pro, you should sound like one.
あなたがプロなら、そのように聞こえなければならない。

医師であれば、医師のように聞こえなければ患者さんに不安を与えてしまいます。ネイティヴ並みとはいかないまでも、通じる発音で診察したいですよね。

通じりゃいいさという人ほど、実はネイティヴには通じていません。

何しろ、英語は母音が40個もあります。「ア」と聞こえる音だけで5個。「イ」と聞こえる音で4個もあり、それを言い分けなければ、通じないのです。

たとえば、英語で11は「イレヴン」ですが、日本語の「イ」で発音すると、/i:/という音に聞こえて、/i:l/すなわちウナギと言っているように聞こえます。「ウナギ」がどうしたの?ってな感じです。

私も、発音の研究を始める前に、アメリカ人と話をしてconcertを分かってもらえない経験があります。アメリカ英語で、カンサR(Tは飲み込む)ですが、ついついコンサートと言ってしまいました。アルファベットの/o/は、ローマ字読みの「オ」と言いがちですが、アクセントがあると「ア(-)」である可能性が高いです。たとえば、bodyはアメリカ人は「バデイ」となります。イギリス人は「ボデイ」です。

和製英語は基本通じません。

英語は発音から始めると10倍速く達成できます!

その後、発音の研究を始めましたが、発音をマスターすると、聞くことが出来るし、読むのも瞬く間に早くなりました。

脳の発音にかかわる箇所を見てみると、納得です。
下の脳の野を見てください。赤い部分が「発音」にかかわる野です。
脳の仕事分配図
太郎 太郎さん/

               僕は、まったく「発音」を習得していなかったから、通じないし、聞き取れなかったんですね。よ~く納得できました。

竹内真生子 竹内真生子所長/

脳の言葉に関する働きを見ると、言葉の習得(リスニング・スピーキング・リーディング・ライティング)のすべてに、発音を意識したり、発音にかかわる筋肉に命令をする脳の「野」を使うことがわかりますよね。


私の書いた、「日本人のための英語発音完全教本」に詳しく書いてあるので、読んでみて下さいね。
発音が悪いと、通じないし、聞き取れないことがお分かりになっていただけましたか。外国人の患者さんの病状が最初から聞き取れなかったら大変なことになりますよね。また、医師の言ってることが分からなければ、診察に不安を与えてしまいます。

エースのクリニカル実践英会話は、発音トレーニングとともに、医療英会話の即答力を養成します。

コースの目的

1. 治療用の専門的な英単語を覚え、正し発音を学ぶ
2. 治療の際に、頻繁に使う文型・文法を学ぶ
3. コンネックテッド・スピーチ(連続発音)とイントネーション(抑揚)を練習する
4. 外国人の患者さんに治療を与えるときの挨拶やベッド・サイド・マナー(適切な扱い)方を練習する
5. 高い頻度の病気について英語で患者さんとのやり取りを学ぶ

クリニカル英会話の内容


    (1)定期的診断の診察用の英語表現
    (2)定期診断の結果を説明する英表現
    (3)高い頻度の病気の治療を行うときに使う英語
           (1)  I just don’t feel good.  調子が悪い
           (2)  Joint pain (sports, aging) 関節痛
           (3)  I am coughing and sneezing (allergies, cold and flu)咳、くしゃみ
           (4)  Back Pain (背中の痛み)
           (5)  My stomach hurts (stomach viruses, cramps, spasms)(お腹が痛い)
       (6)  Respiratory infection (colds, flu, strep throat, bronchitis)呼吸器感染
           (7)  Fatigue (overwork, lack of sleep, insufficient exercise)疲労
           (8)  Headaches (vision problems, hypertension, stress) 頭痛(高血圧、ストレス、視覚の問題)
           (9)  Injury (sprains, cuts, stings) けが(捻挫、切り傷、ハチ刺し傷)
          (10) Earaches 耳の痛み

教材の一例

D(Doctor):  I am Dr. Kawasaki. Nice to meet you.
P(Patient):  I am Sara. Nice to meet you, too.

D:  Where are you from Sara? 
P:  I am from the New Zealand. I am here on a working holiday for three months.

D:  I see. So what brings you in today?
P:  I’ve been having pretty bad neck pain.

D:  Oh, my goodness. Well, I’m glad you came in so we can take a look and make sure nothing’s going on. 
     So how long’s (= long has) this been going on?
P:  Probably about two days.

D:  Okay. Did anything happen a couple of days ago out of the ordinary?
P:  Well, I was in a small car accident.

D:  Okay. Must have been scary.
P:  Yeah.

D:  What happened?
P:  A friend and I were going to the store, and the person behind rear-ended us at a stop light. We weren’t going that fast, though. I think he was maybe going five or ten miles an hour.

D:  Were you wearing your seatbelt at the time?
P:  Yeah.

D:  And so you said you didn’t go to a hospital or anything right after the accident. You didn’t feel any pain?
P:  No.

D:  When, exactly, did the pain start? How many hours after the accident?
P:  I would probably say four to six hours after. I think I was just in shock at first, so I didn’t really feel any pain or anything.

D:  Alright. And where is it bothering you specifically? Can you pinpoint a specific area on your neck?

講師

ティームティーチングです。(ネイティヴと日本人の2名がプライヴェイトの場合は1名の生徒を指導します。)
ネイティヴは正しい発音とチェックを、日本人講師は、ネイティヴのチェエクした間違った発音の正しい仕方を指導します。

 授業中は、ICレコーダーなどで、授業を録音してください。 
ネイティヴと日本人のミーティング

クラス体制

プライヴェイト

授業時間数・時間割・日程

通常授業は、1回2時間です。
 〇 日程: 毎日(月~日)
 〇 時間帯: ① 10:00~12:00 ② 13:00~15:00 ③ 15:30~17:30 ④ 19:00~21:00 ⑤ 20:00~22:00
        その他、早朝もご希望があれば、行います。
 〇 授業は、予約制で、不定でも構いません。

費用

全24時間 全授業料 648,000円

※教材費は含まれていますが、特に分野別の教材をご依頼の場合は、教材製作費として、1時間当たり10,000円が必要となります。
※時間内に終わらない場合、追加料金が発生します。1時間27,400円のところ5%off  1時間 25,650円


通学が困難な方には、スカイプ授業も対応しております。
尚、医学用語の発音やクリニカル英会話を満載した、「医師のための完全英語発音トレーニング」も近日発売しますので、このコースとともにご活用ください。
さらに、下記にお申込みいただければ、エースでしか作成していない、youtubeを使った医療英会話が無料でご覧になれます。

"無料" youtubeを使ってのクリニカル英会話例



医師のクリニカル英会話1 

長年日本に住んでいる外国人として、友達に「英語の話せる医者を知っていますか。」とよく聞かれます。在日の外国人が増えている現在は、英語が話せる医師を要求する患者数が確かに増えつづけていきます。また、2020年のオリンピックのため、英語の重要性が更に高まります。この連載の目的がその必要を満たす医師専用の英語を伝えることです。今回は、問診の行い方の例を見せます。この例はアメリカで医師の免許を取る試験の準備用のものなので、とても役立つと思います。最初の5分間を観賞しながら、セリフから抜けている言葉を書き入れましょう。
ECFMG USMLE Step 2 cs live exam (“Abnominal Pain”)

P: (Dr. knocks on door) Come in.
D: Jessica Anderson?
 
P: Yes.
 
D: Hi. Nice to meet you. I’m Dr. Smith. I’ll be the (1) ____________ doctor taking care of you today. What brought you in?
P: (2) ____________  pain.
D: Oh. I’m sorry to hear that. Well, let’s try and (3) ____________  out what’s going on with you today. When did the pain begin?
P: This morning.
D: And how (4) ____________  are you having pains?
P: Uhh. It’s a long, (5) ____________  pain.
D: Is the pain getting (6) ____________?
P: Yes.
D: How (7) ____________  has it been for you on a scale of 1 to 10?
P: Uh. 7 out of 10.
D: Okay. 10 being the worst? Where are you having the pain at?
P: The (8) ____________ right.
D: On the right side of your (9) ____________?
P: Yes.
D: And does the pain (10) ____________ anywhere?
P: No.
D: Please describe the (11) ____________  of the pain. Is it (12) ____________? Is it (13) ____________? Is it (14) ____________?
P: It’s cramping.
D: And is there anything that makes it (15) ____________  better?
P: Um. No.
D: Is there anything that makes it worse?
P: (16) ____________
D: Ok. So it’s affecting the quality of your life since it (17) ____________ the pain.
P: Yes.
D: Did you have pain on the ride over to the (18) ____________?
P: Yes.
D: I’m sorry to hear that, especially with the condition of the roads these days. (Was there) anything that led up to you having this pain? Anything that you can think of (19) ____________ before hand?
P: No.
D: Do you have any (20) ____________  or (21) ____________?
P: I felt a little hot this morning, but no chills.
D: And how about any (22) ____________  or vomiting associated with it?
P: I feel nauseous, and I (23) ____________ two hours ago.
D: What was it that you vomited? What did it look like?
P: It was (24) ____________, yellowish flued.
D: Did you notice any (25) ____________?
P: No.
D: Have you had some lose bowel movements?
P: Umm. This morning.
D: Did you? Okay. Was there any blood in your (26) ____________?
P: No.
D: Is there any burning during (27) ____________?
P: No.
D: When was your last (28) ____________?
P: Five weeks ago.
D: Are they usually so far apart?
P: Usually every for weeks.
D : Okay. Did you have any spotting associated with that? (Patient nodding yes.) What color was the spotting?
P: Brownish.
D: Do you have any vaginal (29) ____________?
P: No.
D: And how old were you when you started having your period?
P: About 13.
D: And how heavy is the (30) ____________ usually?
P: Uhh. (It) usually lasts about 7 days.
D: And how many pads in a day?
P: Usually about two or three.
D: Are you (31) ____________ active?
P: Yes.
D: Any (32) ____________?
P: Three years ago.
D: Where there any problems during the pregnancy or the (33) ____________?
P: No. And the baby’s healthy.
D: Have you ever had any (34) ____________  or abortions?
P: Nope.
D: Are you on any current (35) ____________?
P: Just ibuprofen.
D: Other than today and for your pregnancies, have you ever been hospitalized?
P: No.
D: Do you use (36) ____________?
P: I use oral contraceptives.
D: Does your partner use condoms?
P: No.
D: How many special partners have you had over the past year?
P: One that I met two months ago, and this past year, probably two or three partners.
D: Okay. Have you ever had any sexually transmitted (37) ____________ that you know of?
P: I had this one infection but I don’t know what it was called, but the doctor just gave me a short and some pills for it.
D: Was the partner the partner you’re with now?
P: No. That partner didn’t want to be treated.
D: Okay. And have you ever had an HIV test?
P: No
D: Any past surgical (38) ____________?
P: No
D: What is your (39) ____________?
P: Waitress
D: Do you (40) ____________  alcohol?
P: Yeah. Like two or three beers a week.
D: Any (41) ____________ drug use?
P: No.
D: Do you use tobacco products?
P: A pack a day for about six years.
D: How about any drug (42) ____________  that you know of?
P: None that I know of.
 
 
正解
attending 主治医
abdominal 腹部の
figure (out) 原因を解き明かす
frequent 頻繁
steady 持続性の痛み
(get) worse 悪化する
severe 激しい
lower 下部
belly 腹
radiate 放散する、放散痛
quality 特徴
cramping 痙性通、けいれん通
sharp 鋭い痛み
dull 鈍痛
feel 感じる
movement 動くこと
exacerbates 悪化させる
hospital 病院
happen 起こる、発生する
fevers 熱
chills ゾクッとする
nausea 吐き気
vomited 吐く
sour 酸っぱい
blood 血
bowels 便通
urination 放尿
period 月経期
discharge 排出物
flow 流れ
sexually 性的に
pregnancies 妊娠
delivery 分娩
miscarriages 硫産
medication 薬
contraceptives 避妊薬、避妊具
diseases 病気
history 手術歴
occupation 職業、仕事
consume 消費する、使う
illicit 違反の
allergies アレルギー
※youtubeを使ったクリニカル英会話をクリニカル英会話学習申込みにて登録して頂いた方に毎回お送りしますのでお気軽にお試し下さい。
電話でのご相談は、フリーコール 0120-815-820